住宅ローン借り換え費用で保証料はいくら?

住宅ローンの諸費用の中で一番大きな割合を占めているのは「保証料」です。
概ね1000万円の借り入れにつき20万円程度はかかります。
この保証料は、返済が滞ったときに保証会社が弁済するためのものですが、保証会社が銀行に弁済してすべてが完了するわけではありません。
保証会社が弁済した後は、保証会社が負債者に取り立てにかかるので、保証料は負債者には何のメリットもありません。
つまり、保証料は銀行のための保証であって、住宅ローン利用者には1円のメリットもないお金なのです。
最近では、ネット銀行などが数多く設立され、それらの多くは保証料不要という銀行も多くなってきました。
現在のローンを借り入れた当時よりは保証料不要という銀行が増えているはずなので、金利だけに目を奪われずに、そのような銀行を探すことも大切です。
何しろ、利用者にとって何のメリットもない保証料を借り換えで再度支払うことはありませんからね。
住宅ローン借り換えのランキングでおすすめの銀行は?