FXをする上で使わざるを得ないシストレってどんなもの?

今では多くの個人投資家がFX取引に参入しているのですが、取引を行っていく中で最も個人投資家の頭を悩ませる問題がFXの取引時間の長さです。
取引時間が長ければ長いほど儲けるチャンスも増えるのですが、想定外の事態が発生することによって相場が急変した時に、それに対応するためには監視の目を外すことができません。
夜間も動き続けているという相場の性格上、よほど時間に融通の利く人でなければ欧米の投資家が活発に取引を行う時間帯に監視し続けるのは現実的に不可能です。
仮に1日24時間自由に使えたとしても睡眠中の出来事には対応できません。
それを可能にしてくれるのがいわゆるシストレと呼ばれるシステムトレードです。
事前にストラテジーを設定しておくことによって、売買シグナルが発生すると自動的に取引を行ってくれるのです。
シストレさえ導入していれば監視の目を外していたために儲けるチャンスを逃すということも、余計なリスクに巻き込まれることもなくなります。