フラット35住宅ローンの最大の特徴は?

フラット35という名前の住宅ローン最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですがそんなフラット35の審査は、変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
とはいえ、年収や勤続年数などは一般的な住宅ローンと一緒です。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入する際は他にも費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行の方に、おすすめですよ。
などと言われる事はありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ずソニー銀行の住宅ローンの審査が必要です。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。